スポンサーリンク

2016年07月の記事一覧

スポンサーリンク

★(おすすめ)主に関西エリアの観光スポット、どうぶつ、グルメ、季節のイベントなどお出かけ情報を発信しているYOUTUBEチャンネル

月別アーカイブ:2016年07月

2016年07月の記事一覧。勇気が出ない 心配性 強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除く対処法
a0960_007950.jpg何..

真面目すぎる人の心理2
何か慣れないことをしないといけなくなったとき、絶望的な思いに浸ったことはありませんか?スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280p…

記事を読む

a0960_006018.jpg人..

逆境を乗り越える
人生には、何をやってもうまくいかないと感じる時期があるかもしれません。「努力はしているはずなのになぜか失敗続きだ」「不測の事態が連続して結果が出ない」などと感…

記事を読む

a0960_008177.jpg真..

真面目すぎる人の心理
真面目すぎる人は、何かにつけて「ミスを絶対にしてはいけない」と考えてしまいがちです。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px"…

記事を読む

真面目すぎる人は完璧を求めないほうがよい

a0960_007950.jpg

何か慣れないことをしないといけなくなったとき、絶望的な思いに浸ったことはありませんか?
スポンサーリンク

殊に真面目すぎる人は、そんな傾向が強いと思います。

例えば、人前で話さねばならないと決まったとき、自分には無理だと気後れしてしまうケースはよく聞く話。

個人からの依頼なら断ることもできるでしょうが、仕事ではなかなか避けることができません。

私自身も、人々が集まる場で何かを話さねばならないと決まったときは過度に緊張を強いられ、それを脅威だと感じていました。

慣れない場に立てば、想定外のことが起きるかもしれません。「もしうまくいかなければ・・」と考えては気が滅入ってしまっていたもの。

そして、当日、うまくいかなければ、つまらなさそうに顔を背けてしまう人などに目に留まっては、さらに気持ちが落ち込んでいくわけです。

そういった経験はトラウマになりやすいもの。次もうまくいかないかもしれない・・と考えてしまえば自信喪失につながり挑戦することをやめるきっかけともなってしまいかねません。

ただ、あることをきっかけに気持ちが楽になりました。

それは、最低限これだけできればいい!ということを1つか2つだけ決めておくことです。

真面目すぎる人がしんどくなってしまうのは、全てを完璧にこなさなければいけないという思いが強すぎるからだと思います。

確かに、完璧を目指すことは、自身を向上させていく上でとても重要なことです。

ただ、慣れないことをすると決まったときにも完璧を目指してしまうと、精神的にとてもしんどい状況になってしまいます。

なぜなら、課題が次々と見つかり、処理できなくなってなってしまうからです。

そうなると、「自分には無理だ」と気後れしてしまい自信喪失と過度な緊張につながってしまいます。

ですから、前向きな気持ちを維持するためには、いきなり完璧なものを完成させようとするのではなく、敢えて、「捨てる」くらいの気持ちが良いかもしれません。

最低限これだけできればいい!という項目を1つか2つだけ決めたら、それ以上のことは達成できなくて構わないと最初から決めておくのです


» 続きを読む

関連コンテンツ&スポンサーリンク

行き詰ったときとるべき行動について

a0960_006018.jpg
人生には、何をやってもうまくいかないと感じる時期があるかもしれません。

「努力はしているはずなのになぜか失敗続きだ」「不測の事態が連続して結果が出ない」などと感じるとき、とても辛いと思います。

おそらくそれは、何らかの原因があって、負の連鎖が起きている状態であると考えられます。
スポンサーリンク

何をしてもうまくいかないと感じる時、人間は、ついその結果の伴わない状況に不平不満をこぼしがちです。

「俺はなんて運が悪い人間なんだ」「私はツキが全くない」などと自己否定をしたり、他人や社会のせいにしてイライラしてしまうもの。

それは仕方がないことかもしれません。

ただ、イライラ腹を立ててネガティブな言葉を吐いたとしても、解決どころか状況はますます悪化していくことでしょう。

なぜなら、そのネガティブな言葉は潜在意識に記憶され、それが現実化するように自ら行動してしまうからです。

では、何をしてもうまくいかないと感じる時、一体、私たちはどのうような行動をとるのが良いのでしょうか?

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

真面目すぎる人はミスを容認したほうがいい

a0960_008177.jpg

真面目すぎる人は、何かにつけて「ミスを絶対にしてはいけない」と考えてしまいがちです。
スポンサーリンク

確かに、ミスをおかしてはならないと考えることは重要なことです。

なぜなら、そう意識することによって、仕事や勉学において、高いパフォーマンスを発揮できる確率が高まるからです。

殊に仕事においては、正確さを求められる職種においては、高い評価につながりやすいでしょう。

ただ、四六時中、「ミスを絶対にしてはいけない」と考えてしまうと、どうしても生きづらくなってしまいます。

なぜなら、ミスを100%の確率で防ぐというのは、非常に難しく多大なエネルギーを要するからです。

「100%の確率でミスをしない」、それはどんな熟練者であっても、人間である以上、不可能に近いことです。

ですから、それを人生の第一目標に毎日を生きていると、どうしてもマイナス思考に陥りがちになってしまいます。

そこでは「ミスをした場合」という仮定のもと思考を巡らせてしまうゆえ、どうしても自分の欠点に目が行ってしまうからです。

真面目すぎる人に限って、自分の欠点を拡大解釈してストイックに捉えがちです。そしてその対策をとることに多大なエネルギーを費やして心身共に疲労していしまいます。

例えば、「職場の上司に叱られないように、あらゆる対策をとらねばならない」「お客さんからの注文を聞き逃さないため、自身の記憶力をアップしなければならない」みたいに。

努力をしてクリアできる課題ならば良いかもしれませんが、中には叶わない問題もあるわけです。

解決が難しい問題の場合、真面目すぎる人は、その責任を自分自身の能力の低さにあると考えてしまいがちです。

そうなると、ますます緊張状態を強いられるばかりか、低い自己評価のまま過度に他人に気を遣って生きなければならないことになります。

その状態は、毎日をイキイキと生きる状態とはほど遠い状態であることは言うまでもないでしょう。

では、どのような視点で考えれば、真面目すぎる人は、自由にイキイキと過ごすことができるようになるのでしょうか?

» 続きを読む

 タグ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
関連コンテンツ&スポンサーリンク
ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりする鉄道の旅など。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
人気記事
    スポンサーリンク
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです 
    スポンサーリンク


    お問い合わせ

    QRコード
    最近の記事
    過去ログ
    ラベルリスト
    ファン
    サイト内検索
    スポンサーリンク
    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。