a0960_008327.jpg

あなたの職場には、怒りっぽい上司はいませんか?ちょっとしたミスを怒鳴り散らしたり、いつも不機嫌で怒っているような上司が・・。
スポンサーリンク

そんな怒りっぽい上司は大体はやっかいな存在で、周囲からするとその対応は難しいものです。

口答えをしたら怒りはさらにエスカレートするでしょうし、そもそも助言をして性格は簡単に改善できるようなものではありません。

だからといって、怒りっぽい上司を怒らせないようにするにはどうしたらいいか?と考えると非常にしんどいことになります。

怒りっぽい上司の顔色をうかがいながら、1から100まで徹底的に対策を立てて機嫌をとるなんてことは不可能です。

それが毎日となると精神が疲弊してしまうことでしょう
スポンサーリンク

では一体どうすればよいのでしょうか?


それは「言葉通りに受け止めず、時には適当に流す」と決めておくことです

怒りっぽい上司が怒りっぽいのには、いろんな理由があると考えられます。

例えば、親が怒りっぽくてその背中を見て育ったのかもしれませんし、部活動でしごかれるなど精神的余裕を持つことができない環境で育ったのかもしれません。

あるいは、家庭がうまくいってなくて単に八つ当たりしているのかもしれませんし、何か持病があって精神が不安定なのかもしれません

怒りっぽい上司が怒る理由は、必ずしも怒られた対象となる人間が原因とは限らないということなのです。

例えば「お前はやる気あるんか?この出来損ないが!」と激しく怒鳴られたとします。そのとき、仮にあなたに何か不備があったとしても、その不備だけでその上司が怒っているとは限らないのです。

怒鳴ることで上司としての貫録を示したいのかもしれませんし、普段の生活が面白くなくて八つ当たりをしているのかもしれません。ひょっとしたら病気でイライラしているのかもしれません。

つまり、怒りっぽい上司が怒ったとき「また怒鳴られた。自分はなんて出来損ないな人間なんだ・・」などと反射的に考えてすぐに自分を卑下しまわないことです。

もちろん、その言葉には向上するためのアドバイスが含まれているケースもありますから改善すべきところは改善すべきでしょう。

ただ、怒りっぽい上司が怒る理由は、ひとつだとは限らないので、それを前提に考えることが大切です。

つまり、怒りっぽい上司が怒ったとき、その言葉を言葉通りに受け止めないほうがよいということです。

怒られた瞬間は、とりあえず、「また上司が怒っている」という事実を確認するだけにとどめておくのです。

そして、その理由分析については、少し時間をかけて考え 改善すべき点は改善するようにすればよいと思います。

怒りっぽい上司は、単に八つ当たりをしているとかも往々にしてあるわけですから、そんなときにイチイチ「自分が悪い」と反省していたら、精神がボロボロになってしまいます。

聞いているふりをして内心は「ああ、またか(笑)」と思いながら聞き流すのが良いと思います 上司の怒りをいかに鎮めるかを考えるより、自分の身を守ることのほうが何100倍も大切です。

あるいは病気が原因でイライラが高じて怒っているなどもあるわけです。その場合は 同僚などの意見も聞いてみた上で、その上司には、病院で診てもらうことを促すのがよいと思います。



社会には人間関係のトラブルほか、さまざまな問題もありますが喜びと感動にも満ちています
スポンサーリンク

人生にはさまざまな出来事があります。時には努力を重ねたとしても思い通りの結果が伴わないといったこともあるでしょう。ただ長いスパンで見たとき、その結果だからこそかえって良かったということも少なくないものです。私たちは人生に与えられた試練を通して試行錯誤しながら魂を磨き成長していくことができればよいものです。やってくるさまざまな出来事のなかに、ひとつでも多くの感動を探しながら喜びを味わっていくこと、そして他者に優しさや希望の光を与え自他ともに幸せになっていくこと。それが生きる意味であると思います。
関連コンテンツ&スポンサーリンク