a0960_008327.jpg
緊張すると手が震える人、汗がでる人、のどが渇く人などさまざまなタイプの人がいます。

なかには、「緊張すると咳が出る」という人もいます。人前で話したりするとき、緊張して空咳がでて止まらなくなってしまうというのです。

「緊張すると咳が出る」というケースの場合、一体なぜそんな状況が起きるのでしょうか?理由を調べてみました。
スポンサーリンク

緊張すると咳が出る原因とは

すると、「心因性の咳嗽(がいそう、せきのこと)」であるケースが少なくないとわかりました。

心因性の咳嗽とは、ストレスからくる咳発作のことです。

仕事などでストレスを受けることによって自律神経のバランスが崩壊し、気道が収縮して咳発作につながるのです。

「心因性の咳嗽(がいそう)」が原因で、緊張すると咳が出る場合、ストレスが引き金になっているので病院で検査をしてもなかなか異常としてみつからないとのこと。

「心因性の咳嗽(がいそう)」かどうか見極めるポイントは、リラックスしているときに空咳がでるかどうか。

もしストレスがかかるときのみ空咳がでて、それが終われば嘘のように咳が止まるならば「心因性の咳嗽(がいそう)」の可能性大。


もし就寝時などリラックスしているときにも咳が出るならば、それは他の病気(気管支炎や肺炎)である可能性が高いといえます。

「心因性の咳嗽(がいそう)」の対策としては、やはり原因であるストレスの問題を解決することに尽きるといえます。

仕事ばかりでストレスがたまっている人は気分転換に旅行やスポーツをしてみたり趣味をみつけたりもよさそう。

それでも解決できなければ、心療内科に行くのが良いと思います。


社会には人間関係のトラブルほか、さまざまな問題もありますが喜びと感動にも満ちています
スポンサーリンク

人生にはさまざまな出来事があります。時には努力を重ねたとしても思い通りの結果が伴わないといったこともあるでしょう。ただ長いスパンで見たとき、その結果だからこそかえって良かったということも少なくないものです。私たちは人生に与えられた試練を通して試行錯誤しながら魂を磨き成長していくことができればよいものです。やってくるさまざまな出来事のなかに、ひとつでも多くの感動を探しながら喜びを味わっていくこと、そして他者に優しさや希望の光を与え自他ともに幸せになっていくこと。それが生きる意味であると思います。
関連コンテンツ&スポンサーリンク