a0070_000044.jpg

 「会社の上司から叱られてもう何年も立ち直れない」
「友達にひどいことを言われて、それから心に深い傷ができたままだ」

そんな風に、他人から言われた言葉で長期間立ち直れない方はおられませんか?
スポンサーリンク

 人間する忘却の動物ですし、他人からキツイ言葉を浴びせられたとしても、その多くはしばらく時間が経ったら回復していくもの。そうでない場合、心理的に何らかの問題があるのかもしれません。

 どのように心理的に問題があるのかというと、「自己評価が低いという状態」にあるのではないかということです。

 自分に自信が持てないと、心理状態がいつも不安定で、隙が多いため、他人からの言葉に影響されやすいのです。

他人の言葉によって心が支配されネガティブな感情を引きずったままという状況は、どう考えても健康的とはいえません。

 風邪に例えると、風邪の菌が体のなかに入ったまま、どんどん増殖していっている状況です。

一日も早く、身体の免疫力を高めてウイルスを撃退しなければなりません。
スポンサーリンク


風邪を引いた心を健康に変える方法のひとつは、自分自身に対する自己評価を上げていくことです。

自己評価を上げるには、自分の長所を数え上げ、自分を褒めてあげることが効果的です。

 例えば、

「自分は笑顔がすばらしい」
「私は早起きするのが得意だ」
「僕は真面目に努力できる」

など、何でもいいので自分の長所を挙げながら「ああ、なんて自分という人間は素晴らしいんだ。」と酔いしれるほど自分を自分で褒めてあげるのです。

 最初は違和感があるかもしれませんが、それを毎日毎日繰り返しているうちに、それが確固たる自信になってきます。

 そして知らないうちに自分のなかで自信がみなぎってきて、活力が湧いてきます。

すると、知らないうちに過去の心の傷は癒え、湧き上がってくるネガティブな気持ちも跳ね返すことができるようになっています。

自己評価の向上により、心が健康を取り戻し本来の働きをするようになるからです。


社会には人間関係のトラブルほか、さまざまな問題もありますが喜びと感動にも満ちています
スポンサーリンク

人生にはさまざまな出来事があります。時には努力を重ねたとしても思い通りの結果が伴わないといったこともあるでしょう。ただ長いスパンで見たとき、その結果だからこそかえって良かったということも少なくないものです。私たちは人生に与えられた試練を通して試行錯誤しながら魂を磨き成長していくことができればよいものです。やってくるさまざまな出来事のなかに、ひとつでも多くの感動を探しながら喜びを味わっていくこと、そして他者に優しさや希望の光を与え自他ともに幸せになっていくこと。それが生きる意味であると思います。
関連コンテンツ&スポンサーリンク