a0070_000092.jpg

高圧的な上司のターゲットになりやすい人とそうでない人がいます。もし前者になれば、せっかく苦労して入社した会社での生活も、地獄と化してしまうに違いありません。
スポンサーリンク

では、一体、どんな人が、高圧的な上司のターゲットになりやすいのでしょうか?

それは、自分に自信を持っていない感じのオドオドした人です。

そもそも、高圧的な上司はその傍若無人な態度や言動から、自分に自信を持っている強い人間だと思われがちです。

しかし、実際のところは逆で、彼らは小心者で、常に何かに怯えている弱い人間なのです。

そこあたり、新人には罵声を浴びせたり恫喝したりするのに、自分より立場が同等以上の人間に対しては媚びへつらっていることが多いことからうかがえるのではないでしょうか。

実際、友達が少ないのに多そうに振舞ったり、大した実績がないのに、自分の小さい成功談を過大にアピールしたりもします。

高圧的な上司は、強く生きているように見えても、普段から不安に常に包まれています。彼らが抱えている不安、それは、自分は認められないのではないか?という不安です。

その原因は、幼少期に親に認められず罵倒され育ったり、経歴や生い立ちにコンプレックスを持っているなどさまざまです。

要は、他者から認められず苦い思いをした何らかの過去があり、その心の傷が大人になってからも癒えること
がなく継続しているのです。

その傷は、日常のなかでそれにかかわる刺激があるごとに、ズキズキと傷むわけです。
スポンサーリンク
その痛みを味わいたくないがため、「昔のように強い人間に支配される日々は嫌だ!」と自分の身を守ろうとする気持ちを人一倍強く持っているのです。

といっても、いまさら強い人間になるだけの実力も根性も備わっていません。

ですから、彼らがとる手段は、自分よりも弱い人間を攻撃し支配することにより、そのかつてのポジションから脱却することなのです。

高圧的な上司は、オドオドした自信がなさそうな新人をターゲットとします。

とりわけ、自分と同じように「自分は認められないのではないか?」と不安を抱いているような新人は格好のカモというわけです。

なぜなら、自分が高圧的な言動や態度をとったら、反抗しないどころか100%の確率で怖がるからです。

また、自分と同じ「認めれたい」という願望を持つ人間を支配下に置くことで、その序列が明確になり自身の精神が満たされるからです。

ターゲットに定めた新人が自分の威圧的な態度や言動で怖がる反応を観て、高圧的な上司は安心し自身の精神的バランスをとるのです。

なぜなら、自分が高圧的に他者を支配する立場にいる以上、かつて味わったように「支配される」というポジションにはならないからです。

ですから、高圧的な上司のターゲットになってしまった人は、怖がれば怖がるほど、彼らの思うつぼというわけです。

ですから、自分に自信を持ち、決してオドオドビクビクしないことが重要です。
社会には人間関係のトラブルほか、さまざまな問題もありますが喜びと感動にも満ちています
スポンサーリンク

人生にはさまざまな出来事があります。時には努力を重ねたとしても思い通りの結果が伴わないといったこともあるでしょう。ただ長いスパンで見たとき、その結果だからこそかえって良かったということも少なくないものです。私たちは人生に与えられた試練を通して試行錯誤しながら魂を磨き成長していくことができればよいものです。やってくるさまざまな出来事のなかに、ひとつでも多くの感動を探しながら喜びを味わっていくこと、そして他者に優しさや希望の光を与え自他ともに幸せになっていくこと。それが生きる意味であると思います。
関連コンテンツ&スポンサーリンク