a0960_008325.jpg
私たちは、会社や学校などで人と交流をしながら生活を営んでいます。

しかし、他人と一緒にいることを怖れる人は少なくありません。

そういった人は特に生活環境のなかに嫌な人がいなくても、他人といるだけでストレスを感じて居心地の悪さを感じてしまいます。

例え、それが昔から知っている友達であっても一緒にいると緊張し、できるだけ避けるように行動してしまうのです。

そのように、他人との交流を避けてしまう人は、なぜそのような行動をとってしまうのでしょうか?
スポンサーリンク

それは、自分自身に自信を持てていないからではないでしょうか。

自分の無価値感を普段から感じているのです。とりわけ、他人と自分を比較し、劣っていることに引け目を感じている人が多いように思います。

ですから、自分の無価値観を再認識しなければならない可能性がある、他人との交流の場を無意識のうちに避けてしまうのです。

自分自身のことをダメ人間だと思い込んでしまえば、人間は気楽に他人と一緒に要ることができなくなります。

なぜなら、自分の価値は他人が決めると考えるようになってしまうからです。

他人が自分の価値を決めるとなると、他人は自分にとって審判を下す脅威ということになってしまいます。

すると、他人から悪く思われたくないという心理が自ずと働いてしまいます。

その結果、他人にどのように自分が映っているか、どのように評価されているかを過度に気にするようになり異常なストレスを感じるようになります。

「他人に悪く思われない」というのが、交流の目的になってしまうのは悲しいことだと言わざるをえません。

なぜなら、どんなに素晴らしい人と出会ってもおいしい料理が出ても楽しむことができないですから。


スポンサーリンク

また、他人に悪く思われうる要素をつぶしてマイナスを埋めることばかり考えていても、それが思い通りにいくとは限りません。

どんなに努力をしても、他人から悪く評価される可能性が0にはならないと分かったとき、「やっぱり俺は無能なダメ人間なんだ」と再認識してしまい、無力感と絶望感に陥ってしまうのです。

他人との交流の場は、本来、楽しむために設定されているものです。

他人から悪く思われないことを目的にすべきではありません。

ですから、交流を深め楽しみながら何かを得て帰ろうというプラスの気持ちでのぞんだほうがよいと思うのです。

そのためにはどうすればよいかというと、日頃から自分自身をいたわり、大切にすることが必要だと思います。

例えば、小さな成功や進歩であっても「よくできた。私はすばらしい」と褒めるようにするのです。

ありのままの自分でも十分な価値があるということが自分自身のなかで納得いったとき、心のなかから自信が自然と湧き出るようになり、他人との交流は脅威でなく楽しみに変わっていくと思います。


社会には人間関係のトラブルほか、さまざまな問題もありますが喜びと感動にも満ちています
スポンサーリンク

人生にはさまざまな出来事があります。時には努力を重ねたとしても思い通りの結果が伴わないといったこともあるでしょう。ただ長いスパンで見たとき、その結果だからこそかえって良かったということも少なくないものです。私たちは人生に与えられた試練を通して試行錯誤しながら魂を磨き成長していくことができればよいものです。やってくるさまざまな出来事のなかに、ひとつでも多くの感動を探しながら喜びを味わっていくこと、そして他者に優しさや希望の光を与え自他ともに幸せになっていくこと。それが生きる意味であると思います。
関連コンテンツ&スポンサーリンク