a0960_00665.jpg
あなたの会社には自分勝手でうざい人はいませんか?
スポンサーリンク

職場にひとりでも自分勝手でうざい人がいると、いろいろ大変だと思います。

周囲の人間は不快さを感じますし、ストレスを蓄積する要因となってしまうことが多いからです。

しかしだからといって、仕事である以上、嫌な人とでも一緒に働かねばならない状況はなかなか避けられるものではありません。

では、一体、自分勝手でうざい人にはどのような対処法がありうざい人との話し方には、どのようなスタイルが想定されるのでしょうか?

自分勝手でうざい人といっても、ひとくくりにすることは難しいですが、いくつかの特徴があります。
スポンサーリンク

まずは、自分勝手でうざい人は「支配的で相手をコントロールしようとする」という特徴があります。

彼らは自分よりも下または同等の立場にある人間を完全に支配しようとします。

そこでは相手の都合などおかまいなしで、自分の思うように相手が動かないと激怒しします。

また、そのように支配的な心理が働いているわけですから、自ずとうざい人の話し方というのには特徴がでてくるわけです。

それは命令口調であるということ。

初対面であってもおかまいなしです。また、自分の自慢話ばかりを延々とする傾向もあります。

そういった歪んだ考えの人の周囲にいる人間は、たまったものではありません。では、自分勝手なうざい人にはどのような対処法があるのでしょうか?
a1710_000010.jpg
まず考えられる対処法として、「対等に話そうとしない」ということが挙げられます。

同じ土俵に乗って彼らに対処しようとすると、相手は乱暴な言葉や態度で強引に支配してきますから、どうしても不愉快な気持ちになってしまいます。

ですから、動物園で珍しい動物を観ているように、距離を置いて高みから観察するように接するとよいと思います。

「あの見慣れない動物は一体どんなことを考えてどんな行動をとるのだろう?」とい興味本位の気分で接すると気持ちが楽になるでしょう。
スポンサーリンク

なお、相手は、他人を支配しコントロールするために乱暴で上から目線の話しぶりで近づいてきますから、うざい人との話し方にも注意しなければなりません。

なぜなら、彼らの命令を何でも従順に聞いていると、彼らのよいようにコントロールされ利用されてしまうからです。


対処法として想定されるのは、「(ある程度)無視をする」「聞き流す」などが考えられます。

仕事ゆえに完全に無視するわけにもいかないでしょうから、何割かは敢えて聞いていないふりをして相手にしないというのが有効だと思います。

なぜなら、そうすることで彼らは、コントロールしにくい相手だと認識し、要求がエスカレートしていくことを抑えることができるからです。

とはいえ、自分勝手でうざい人の態度や言動には我慢の限界もあるものです。また、彼らの存在によって社内がストレスの温床になっているケースも少なくありません。

ですからそんなときは、「はっきりと自分の言いたいことを相手に伝える」というのも立派な対処法だと思います。
スポンサーリンク

彼らは、弱い犬がよく吠えるのと同じで、強がっていても実は心にもろさを持っていることが多いです。

こちらが強く言って口論をすることで、意外と先方から白旗をあげることもあるものです。

少なくとも、コントロールできないと認識さあれ近寄ってこなくなるでしょう。

なお、余談かもしれませんが、心理学的には、「相手は自分を映す鏡である」という考え方があります。

誰かの行動や言動が気になるということは、それは自分自身にも同じ要素があるという考え方です。

それに当てはめるならば、もしその自分勝手でうざい人のことが腹が立って腹が立って仕方なく、不愉快な気持ちが収まらないならば、自分自身のなかにも同じ要素があると考えてよいかもしれません。

いずれにしても、自分勝手でうざい人のためにストレスを蓄積させ不愉快な気持ちで日々を過ごすことは、得策だとはいえません。

うまく対処して、心にプラスエネルギーをためる生活をしていくことがよいと思います。


社会には人間関係のトラブルほか、さまざまな問題もありますが喜びと感動にも満ちています
スポンサーリンク

人生にはさまざまな出来事があります。時には努力を重ねたとしても思い通りの結果が伴わないといったこともあるでしょう。ただ長いスパンで見たとき、その結果だからこそかえって良かったということも少なくないものです。私たちは人生に与えられた試練を通して試行錯誤しながら魂を磨き成長していくことができればよいものです。やってくるさまざまな出来事のなかに、ひとつでも多くの感動を探しながら喜びを味わっていくこと、そして他者に優しさや希望の光を与え自他ともに幸せになっていくこと。それが生きる意味であると思います。
関連コンテンツ&スポンサーリンク