スポンサーリンク

前向きになれるヒントのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:前向きになれるヒント

前向きになれるヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性 強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除く対処法
a1380_001613.jpg昨..

前向きになれるヒント
昨今、自己肯定感の低い若者が増えていることが社会問題となっています。「自分自身のことがどうしても好きになれません・・」「私には何の取り柄もなく自信が持てません…

記事を読む

a1180_015962.jpg人..

前向きになれるヒント
人間は多かれ少なかれ、失敗を怖れる動物です。自分にとって苦手な案件が舞い込んできたり、未知の出来事と遭遇したとき、度合いこそ個人差あれど、人は躊躇するものです…

記事を読む

自分に自信を持てない人が自己肯定感を高める方法

a1380_001613.jpg

昨今、自己肯定感の低い若者が増えていることが社会問題となっています。

「自分自身のことがどうしても好きになれません・・」「私には何の取り柄もなく自信が持てません・・」といった悲観的な声もしばしば耳にします。
スポンサーリンク

自己肯定感が低い状態でいると、心身共に豊かな生活を送ることはなかなか難しいような気がします。

というのは、ネガティブな思考回路でものごとを考え、悲観的な言葉を口にすることで、さまざまな良くない出来事を引き寄せやすくなると思うからです。

また、自己肯定感が低いのは自分に自信が持てない状態ということですので、何かにつけて消極的で挑戦する機会が減ってしまいます。

何も挑戦しなければ、自分の殻に閉じこもりがちになり、何かを達成する感動というものを味わえる機会も少なくなってしまうことでしょう。

もし自己肯定感を高めていくことができれば、それだけ自然と考え方がポジティブになりプ、ラスの言葉もでるようになって、良い出来事や人も引き寄せられて人生が好転する確率が高まります。

では、自己肯定感の低い人は、どうすれば自信をつけ自己肯定感を高めることができるのでしょうか。そのためには、自己肯定感が低くなった原因にさかのぼり、そのイメージをプラスなものに変換することが必要だと思います。

例えば、自己肯定感が低くなった理由が、「お前はトロい」と学生時代に教師から指摘されたからだとします。

そのことで、自分は動作が他人より遅いことを自覚し自信をなくしていたとします。そのマイナスイメージを、視点を変えて考えることでプラスに変換するのです。

すると、「トロイ」という一見するとマイナスイメージの言葉においても、いろいろプラスな発想も湧いてくるのではないでしょうか。

例えば、「動きは遅いかもしれないけれど、手足が動くのは奇跡的でありがたいことだなあ」ですとか「ゆったりとしていることは他人を癒すことにもなっているかもしれないなあ」など。

» 

関連コンテンツ&スポンサーリンク

失敗を恐れて挑戦をできない心理と恐怖心を克服するための考え方

a1180_015962.jpg

人間は多かれ少なかれ、失敗を怖れる動物です。自分にとって苦手な案件が舞い込んできたり、未知の出来事と遭遇したとき、度合いこそ個人差あれど、人は躊躇するものです。

それは、失敗リスクを想定し失敗を怖れるからです。
スポンサーリンク

失敗を怖れる気持ちが強すぎることで生じる問題点

失敗を怖れるのはいわば人間の防衛本能であり、リスクを回避し自身の生命を守るために必然的に起こる感情であるのです。

しかし、あまりにも失敗を怖れる気持ちが強すぎると、何かに挑戦すること自体ができなくなってしまうという問題も生じます。

確かに、失敗を恐れ常にリスクを回避する姿勢で生活を送っていれば、波風の立たない平穏無事な人生を送ることができるかもしれません。

それはそれで良い人生であるという見方もできるでしょう。

しかし、現状では叶えられない大きな夢を持っていたり、何としてでも挑戦したいことがあるならば、失敗リスクを回避してばかりいては、その実現は難しいと思います。

何も行動を起こさないまま歳を重ねてしまうということになってしまいかねないからです。

そして、後々になってみて

あのとき思い切って挑戦しておけば良かった・・
あの環境に飛び込んでいれば人生変わったかもしれない・・

といったような後悔の念が残ってしまうことでしょう。

そのような状況にならないためには、失敗を恐れる気持ちを克服することが必要になってきます。

しかし、失敗を怖れる気持ちを克服するのはそう簡単なことではないというのが現実的なところかもしれません。

「失敗を恐れるな!」といざ誰かに言われても、

「もし失敗したら大勢の前で恥をかくことになってしまう・・」
「仮に失敗をしたら今まで積み重ねてきたものが台無しになってしまう・・」

など、いろいろな失敗シーンが浮かんでくるだろうからです。

それは、未来は未知のものであり想定外のことも起きることが過去の体験から分かるからです。失敗する確率をどんなに減らしたとしても、0になるということは永遠にないのです。

となると、人間は身の安全を求め、現状維持をすべく石橋を叩いて渡るように失敗リスクを回避しようとする行動にでます。

それは人間として、ごく当然の行動であり、恥ずべきことではありません

しかし、まだ分からない未来に対し「失敗するに違いない」と考え、挑戦することをしないという選択肢は、後々のことを考えるともったいないことです。

思い切ってその挑戦をすることで、大きく飛躍できるかもしれないからです。あるいは、その一瞬によって人生がもっと魅力的に変わるかもしれません。
スポンサーリンク

» 

関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク
人生にはさまざまな試練があろうと思います。
スポンサーリンク
時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。そういった自身の心をコントロールするノウハウをある程度体系的に習得しておき、現実社会で壁にぶち当たったときに実践していくのがベストではないかと思います。そうして試練を乗り越えていくことで精神的に成長するとともに、確固たる自信が芽生えてくるからです。たった一度きりの人生、恐怖や不安におののいて何かに追われるように消極的に生きるよりも、自分に自信を持ち、前向きな気持ちで力強く前に進んでいきたいものです。心身共に健康的で明るく生きていくことが人間にとって何より大切だと思います。
関連コンテンツ&スポンサーリンク
ひとり旅のすすめ
心が疲れたとき、ひとり旅にでかけるというのも疲れを解消する手段のひとつだと思います。見知らぬ土地に行って郷土の味覚を探したり温泉でのんびりする鉄道の旅など。あるいは小さい頃に住んでいた懐かしいまちや修学旅行に訪れた観光地に訪れるというのもよいかもしれません。

普段の環境から少し抜け出てみることで、視野が広がり、今まで見えなかったことが見えてきたり、新しいアイデアが思い浮かんできて、前向きなエネルギーが湧いてくることも多くあるものですよ。(楽天トラベル)>>全国のひとり旅に適した人気温泉宿一覧はこちら
カテゴリ
はじめに
失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです 
スポンサーリンク


お問い合わせ

サイト内検索
スポンサーリンク
Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。