心の不安を取り除く方法のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:心の不安を取り除く方法

心の不安を取り除く方法のカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性 強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除く対処法
a0001_018016.jpg自..

心の不安を取り除く方法
自分に自信を持ってハツラツと仕事をする人は魅力的ですし、幸福度の高い生活をしている人が多いと思います。しかし仕事に自信たっぷりで取り組むことは、人によってはし…

記事を読む

a0960_005277.jpg私..

心の不安を取り除く方法
私たちはさまざまな原因で、強い不安感に襲われることがあるかもしれません。心臓がバクバク高鳴り、ときには腹痛や吐き気をもよおすこともあるかもしれません。不安感が…

記事を読む

a0960_004235.jpg「..

心の不安を取り除く方法
「来週の大事なプレゼンで失敗したらどうしよう・・」「明日の重要な商談をとれなかったらどうしよう・・」重要な出番が迫ってきたとき、人はどうしようもなく不安になり…

記事を読む

a0001_018015.jpg難..

心の不安を取り除く方法
難しい仕事を任されたり苦手な人と会ったりするときなど、人によっては急に不安に襲われることがあるものです。ドキドキ動悸が激しくなり、人によっては不安になると吐き…

記事を読む

仕事で自分に自信を持つ方法A「他人と比較して自己評価をしない」

人生にはさまざまな試練があります。努力をしても思い通りにいかないこともあるでしょう。
スポンサーリンク

ただ、そこで感じる心の悩みは、視点を少し変えるだけで解消してしまうこともあるものです。
a0001_018016.jpg

自分に自信を持ってハツラツと仕事をする人は魅力的ですし、幸福度の高い生活をしている人が多いと思います。

しかし仕事に自信たっぷりで取り組むことは、人によってはしたくてもなかなかできないものです。

なぜ自分に自信を持って仕事をできる人がいる一方で、そうでない人がいるのでしょうか?
スポンサーリンク

それは、ひとくくりにできませんが、大まかにいうならば、前者は、「自分自身を基準に自己を評価している」のに対し、後者は「他人を基準に自己を評価している」傾向が強いように感じます。

前者のように、自分自身を基準に自己評価している社員は、謙虚ささえ失わなければ、仕事に楽しむ前向きに取り組みどんどん伸びていくことでしょう。

問題は、他人を基準に自己評価している後者の人々です。

他人を基準に自己を評価している社員は、愚痴をこぼしながら、精神的にとても辛い日々を送っていることが多いようです。

たとえば「あいつは営業成績トップなのに、なぜ同期の俺は・・・」や、「あの人は独立して会社を興したのに、それに比べて私はこんな会社で何やってんだ・・・?」みたいに。

そんなことをぶつぶつ愚痴をこぼし眉間に皺を寄せながら会社と自宅を行き来しているのです。

他人を基準に自己評価をする人々は、異常な嫉妬心を持っていることも多いです。

そして、自分の仕事のことよりも、他人の行動や任されている仕事が気になって仕方ありません。

また、その思考の影響は仕事だけではなく、プライベートな生活においても波及しているケースが多いです。たとえば、他人を基準に自己評価する人々は「人の集まりに行くのが怖い」と話すことがしばしばあります。

その理由を尋ねると、「自分がどう思われるか不安」「勝ち組と接するのが欝」みたいな回答がかえってきます。

もう少し突っ込んで理由を聞いてみると、勝ち組の人たちに小馬鹿にされるかもしれないという恐れと、「あいつに比べて俺は情けない・・」とさらに自分に自信を失ってしまう喪失感が辛いというのです。

要は、他人と比較することによって、自分に自信を持つことができなくなってしまっているのです。

しかし、考えてもみてください。そんな理由で人の集まりに出ないのはとてももったいないことです。なぜなら、人と時間を共有することは素晴らしいことですし、良い再会がある場合も多々あるわけですから。

自分に自信が持つことができないという理由でそういった貴重な機会を自ら放棄してしまうのはとても惜しいことだといわざるを得ません。

また、自分にもたくさん良いところがあるはずなのに、それらが見えなくなってしまっているという状態ももったいないことです。

他人と比較してしまう人間は、成功した他人を基準にして自己評価してしまいます。そうなると、心理的ハードルが一気にあがってしまいます。

「あの人はこれだけ高い地位に上り詰めた。だから自分は、あの人以上か同等の成功を収めなければならないのだ!」みたいに義務的に考えてしまうのです。

そうなると、人間の心身はその高いハードルを超えねばならないという信号を脳から受信し、極度に緊張しこわばります。

高いハードルを設けることで努力できるならばよいのですが、できないと脳が判断すると、次は自分自身を責めるほうにエネルギーが向かってしまいます。


「ああ、俺にはどんなに努力してもあいつに勝てない・・」「私はもう生きる価値がない・・」みたいに自分に自信を持つことができなくなってしまいます。

さらに、他人を比較することで自信喪失をするデメリットは、「自分なこんなダメな人間だから努力するだけで無理だ・・」と諦めてしまい、失敗を極度に恐れて「挑戦」をしなくなってしまうことです。

失敗を恐れて挑戦をしなくなってしまえば人間は成長をしませんし、日々生きていて楽しくなくなるでしょう。
スポンサーリンク

では、他人と比較することで自己喪失したとき、私たちは自分に自信を持つために、どのようなことを考えればよいのでしょうか?

それは、人生の「主人公」は自分であることを何度も何度も自分自身に伝えることです。

「自分は価値のある素晴しい人間なんだ」ということを、何度も何度も自分に言い聞かせるのです。

他人と比較して自己を厳しく採点するという作業をとりあえずやめることです。

「あの人に比べて俺はなんてダメ人間なんだ・・」などと他人を基準にして自分を語る思考回路を消し去るのです。

仕事をしているなかで他人に意識が向いてしまっているかも?と感じたとき、私たちが自分に自信を持つためには、「自分の小さな成果に意識を向けること」が大切です。

他人と比較して傷ついた自分自身を取り戻すには、自分を人生の主人公に戻してあげることが必要なのです。

そうするためにどうすればよいかというと、例えば、自分の成長の記録を小まめにとるという方法があります。

仕事の成果などをメモ帳に記録して、今日一日の成果をもとに自分自身を褒めてあげるのです。また、嬉しかった出来事や感動したことなど、小さな幸せな出来事を日記に記録するのも効果的です。

ちなみに私の場合、ブログの記事を一日どれだけ書いたかの記録をとるようにしています。他人からするととても小さい出来事かもしれません。

しかし、書いた記事数を記録することで、ほんの少しでも人生が前進したことを確認することができるのです。

それは、自信を持つことにつながるとともに、明日もまたがんばろうという前向きな気持ちを生み出すのです。

人間は、仕事にせよプライベートにせよ、他人を基準に自己評価をすると、とてもしんどくなり、幸福感を感じにくくなります。

ましてや大成功した友達や同僚と比較したら、大変です。そう自分もならねばならないと、無意識のうちに自分自身に義務を課してしまうからです。

そうなると心の逃げ場がなくなってしまい、自分に自信を持つことができにくくなります。

それよりも、自分自身が感じた一日の出来事にフォーカスし、小さな成功体験を記録して積み重ねていったほうが有意義です。

大成功した友達や同僚たちの活躍からすれば、ごく小さな歩みかもしれません しかし、その小さな成功体験は、この世で自分ひとりだけにしか味わえないかけがえのない宝物なのです。

そのかけがえのない貴重な体験を積み重ねていったとき、ある日、「自分はこれだけ価値のある人間なんだ」というように、自分に自信が持てるようになっていることでしょう。

自分に自信を持つことができるようになると、上司から理不尽な理由で頭ごなしに叱られたり、人格を否定される言葉で罵声を浴びせられたとしても、必要以上に落ち込まなくて済むようになります。

また、仕事で失敗をしたとしても、極度に自己否定することなく、「ここはしっかりとできた。一方、課題も発見できて良かった。次の機会に活かそう」といった風に前向きに考えることができるようになっているはずです。


関連コンテンツ&スポンサーリンク

強い不安感に襲われる原因である恐怖体験を消し去るには、青魚に含まれるDHAが有効

人生にはさまざまな試練があります。努力をしても思い通りにいかないこともあるでしょう。
スポンサーリンク

ただ、そこで感じる心の悩みは、視点を少し変えるだけで解消してしまうこともあるものです。
a0960_005277.jpg

私たちはさまざまな原因で、強い不安感に襲われることがあるかもしれません。心臓がバクバク高鳴り、ときには腹痛や吐き気をもよおすこともあるかもしれません。

不安感が強いと感じたとき、その対処法を考えていくと、人によっては、過去における恐怖体験に行き当たってしまうケースがあることでしょう。
スポンサーリンク

例えば、上司から激しく怒鳴られた恐怖体験 ひどいイジメにあったという恐怖体験などです。

そんな過去の恐怖体験が心のトラウマになってしまっていれば、ささいなことがきっかけでそのときの出来事が脳に伝達され、必要以上に強い恐怖感を感じてしまうのです。

強い不安感を感じることは確かに、危機意識を持って集中力が高めることができるメリットもあります。

しかし、不安感に襲われる頻度が多くなりすぎてしまうと、人間は心身のバランスを崩し、なかなか幸福感を感じることができないという状態に陥ってしまいます。

必要以上に強い不安感に襲われる原因、それが過去の恐怖体験にあるとするならば、その恐怖の記憶と向き合い消し去っていくことが必要になってきます。
スポンサーリンク

ちなみにそんな恐怖体験を消し去るには、栄養学的には「青魚を食べること」が有効であると、国立精神・神経医療研究センターによる研究でわかったそうです。

青魚に含まれる多価不飽和脂肪酸(DHA)に恐怖体験を緩和する効果・効能があるというのです。

「青魚」とは、鯖(サバ)、鰊(ニシン)、秋刀魚(サンマ)、鯵(アジ)、鰹(カツオ)、鰯(イワシ)など、いわゆる背が青い魚の総称を指します。
a0002_011889.jpg
国立精神・神経医療研究センター関口正幸室長らの研究チームによるマウス実験によると、青魚に含まれる「多価不飽和脂肪酸(DHA)」(オメガ3系の一種)と植物油などに含まれる(オメガ6系)バランスよく摂取したマウスは、恐怖を与えたあと再び動くまでの時間が最も短かったそうです。

その実験から、研究チームは、DHAなどオメガ3系とオメガ6系をバランスよくとることで恐怖記憶の強さが脳の中でコントロールされ、恐怖体験に対する記憶が緩和されると結論づけました。

そして、多価不飽和脂肪酸(DHA)を多く含む青魚をたくさん食べることで、不安障害の発症も抑えられる可能性があるということも示しています。

恐怖体験を緩和するために、オメガ3系とオメガ6系をどうすればバランスよく摂ることができるのか考えだすと難しいところですが、欧米の食事が一般化した日本では、一般的に日本人は、青魚に含まれる多価不飽和脂肪酸(DHA)などオメガ3種の摂取量が慢性的に不足しているといわれています。

つまり、私たちは、サバやサンマ、アジなど、「青魚」を意識的にたくさん食べておけば、「多価不飽和脂肪酸(DHA)」を多く摂取でき、結果的にオメガ3系とオメガ6系のバランスをとることができると考えてよさそうです。

とりあえず、青魚を意識的に食べて多価不飽和脂肪酸(DHA)を多く摂取することは、恐怖体験を緩和し必要以上に強い不安感を解消するための有効な一策だといえそうです。
関連コンテンツ&スポンサーリンク

どうしようもない不安感を取り除く方法「10年後、20年後を考える」

人生にはさまざまな試練があります。努力をしても思い通りにいかないこともあるでしょう。
スポンサーリンク

ただ、そこで感じる心の悩みは、視点を少し変えるだけで解消してしまうこともあるものです。
a0960_004235.jpg

「来週の大事なプレゼンで失敗したらどうしよう・・」
「明日の重要な商談をとれなかったらどうしよう・・」

重要な出番が迫ってきたとき、人はどうしようもなく不安になります。強い不安感に襲われて一睡もできなかったり、吐き気がしたりする人もいるかもしれません。
スポンサーリンク

なぜ人間は、重要な場面の前にそのように強い不安感を感じるかというと、それは、重要な出番で失敗した直後のことを無意識のうちに想像しているからだと思います。

「プレゼンでうまくしゃべれなかったら非難の嵐になるだろうな・・」「あんな大きな商談を逃したら部長にこっぴどく叱られるだろうな・・」みたいに。

確かに、どうしようもなく不安に感じることで、人間の緊張感と集中力は高まるわけですから、場合によっては本来の力以上のものを出せるケースも多々あります。

しかし、その心の不安が必要以上に高まり過ぎたら、いろいろな問題がでてくることでしょう。

平素から強い不安を感じることを繰り返すと、健康を害してしまいますし、何より萎縮してしまって、難しいことに挑戦することが怖くなってしまうことでしょう。

そのようにネガティブな感情に左右される日々では、せっかくの人生が幸福感を味わいにくいものになってしまうと思います。
スポンサーリンク

重要な案件を乗り切る自信がなくて、どうしようもない不安感を感じるとき、「長い目で考えてみる」を実践してみることをおすすめします。

「長い目で見る」とは、例えば、10年後、20年後のことを考えてみるということです。

そもそも想像してみてください。10年後や20年後、あなたはどうなっているでしょうか?

おそらく社会は大きく変わっていることでしょう。所属している今の会社があるかどうかも分かりませんし、あったとしても仕事のスタイルは大きく変化していることでしょう。

10年後、20年後という遠い先を想像したあと、直後に迫っている重要な出番とやらを考えてみてください。

ごく小さいことに思えてきませんか?

そんな小さいことは、仮に失敗しても大した問題ではないのではないでしょうか?

もし失敗したとしてもその経験はむしろ、懐かしい思い出になっていたり、笑い話になっているのではありませんか?

また、10年も20年も年月が流れたら、他人はその失敗を覚えていないことでしょう。

時間は未来から過去に向かって確実に流れていくのです。ですから例え大きな失敗をしでかしたとしても、年月が確実にそれを消し去ってくれるのです。

ですから、たとえ、重要な出番が迫っていたとしても、必要以上に不安感に襲われることは、大した意味がないということです。

むしろ、そんなことに朝から晩まで悩むことは無駄な時間だといえます。

それよりも、「プレゼンを乗り切ったらおいしい食べ物を食べにいこう。そのためにがんばるぞ!」とか、「商談がうまくいったら欲しかった時計を買おう。絶対に商談をとるぞ!」みたいに自分へのご褒美を考えておくほうが有意義です。

そして、一定の準備をした後は、そのようにポジティブに考えるほうが、試練をスムーズに乗り切れる可能性も高まると思います。
関連コンテンツ&スポンサーリンク

心の不安を取り除く方法@「不安をプラスに考える癖をつける」

人生にはさまざまな試練があります。努力をしても思い通りにいかないこともあるでしょう。
スポンサーリンク

ただ、そこで感じる心の悩みは、視点を少し変えるだけで解消してしまうこともあるものです。
a0001_018015.jpg

難しい仕事を任されたり苦手な人と会ったりするときなど、人によっては急に不安に襲われることがあるものです。

ドキドキ動悸が激しくなり、人によっては不安になると吐き気がしたり腹痛を催したりするケースもあるかもしれません。
スポンサーリンク

私たちは、不安に襲われると、その不安な気持ちをなんとか取り除こうとします。

しかし、不安は私たちの生命を守るための防衛本能であるだけになかなか解消することは容易ではありません。

ただ、視点を少し変えてみると、心の不安はずいぶん取り除くことができます。

心の不安を取り除く方法のひとつとして今回、「不安をプラスに考える癖をつける」ことの大切さをお話します。

例えば人前でしゃべらないといけない、嫌いな上司と会食をしなければいけないなど・・自分のキャパシティを越えていると思われるしているような出来事に遭遇せねばならない状況になったとき、人間はどうしようもなく不安な気持ちに襲われます。

不安感が強いということは、今までの経験から自分にできない可能性が往々にしてあるということで脳が無意識のうちに危機信号を出しているわけです。

しかし、考えてみたら、もし心の不安がなければどうでしょうか?きっと、安住の場でダラダラと時間を過ごしてしまうのではないでしょうか?

短期的でみたとき それはそれで幸せなことかもしれませんが、人間としての成長を考えたとき、さほど成長をできるとも思えません。

危機が迫られなければ人間は努力をしようという気持ちにはなかなかならないからです。
スポンサーリンク

一方、不安に襲われている人間はどうでしょうか?

失敗をしてはいけない、叱られてはいけないという心の不安があるからこそ、心身が引き締まり 最大限の努力をしてその場に臨むことができるのではないでしょうか?

その点を考えたとき、心に不安があるという状態は、必ずしもマイナスなことばかりではないということが言えると思います。

むしろ、かけがえのない貴重な機会ととらえることもできるのではないでしょうか。人間は、不安があるからこそ、努力をして最大限の力を発揮できるからです。

仕事などで急に不安に襲われたとき大切なのは、まずは「不安になっている」という状態を認めることです。

そして、その不安について落ち着いて分析してみることです。じっくりと考えてみれば、不安になる心理は決してマイナス要素ばかりではなく、プラスな面もあることに気づくはずです。

自分の能力を超えた仕事がやってきたり、できるか自信がない動作をせざるをえない状況が迫ってくると、人間は誰しも不安に襲われるものです。

難問にぶちあたったとき、逃げたくなるかもしれません。しかし、仕事となると、なかなか逃げることができない状況がほとんどでしょう。

そんなときは、もうダメだと自己否定してしまわないほうがよいです。目の前が真っ暗になり、どんどん泥沼にはまりこんでしまうからです。

そうなると、実力を発揮できず、本来できることもできなくなってしまいます。

ではどう考えればよいかというと、仕事などで急に不安に襲われたとき 「不安をプラスに考えることはできないか?」と自問してみることです。

たとえば、「難問だと認識できるだけでも自分は素晴らしい」、「難問だからこそ、成長できる」「難しいことだから価値がある」といった具合に、不安の対象を意識的にプラスに転嫁して考えてみるとよいのです。

人間は不安ばかり感じていると、脳の働きは極度に低下します。それではなかなか良い仕事をすることができません。

良い仕事をするためには、ある程度の不安感を持ちつつも プラス思考で物事を考えるのがベストな状態なのです。

そのために私たちは、不安は不安として認めた上で、心の不安をプラスに転嫁して考える癖を日々の生活のなかで身につけることが大切なのです。

なお、不安があれば力を発揮できるといっても、「失敗したら終わりだ」「ミスしたらクビになる」みたいに自身を追い詰めてしまえば、逆効果になります。

そのようなときは、「仕事が完了したら美味しいものを食べよう」、「任務が終わったら旅行に行こう」などと、楽しいことに意識を向けることが、心の不安を取り除くコツです。
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク
★当ブログを音声でも聴きたいとの声をいただきYouTubeはじめてみました。もしよろしければチャンネル登録おねがいします


人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。
スポンサーリンク

関連コンテンツ&スポンサーリンク
関連コンテンツ&スポンサーリンク
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです 
    スポンサーリンク


    QRコード
    最近の記事
    過去ログ
    ラベルリスト
    リンク集
    ファン
    サイト内検索
    スポンサーリンク

    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。