気持ちを楽にするヒントのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:気持ちを楽にするヒント

気持ちを楽にするヒントのカテゴリ記事一覧。勇気が出ない 心配性 強い不安感を感じる 真面目すぎる人 高圧的な上司のパワハラで悩んでいる 被害妄想がある ネガティブ思考ほか 仕事などで心の不安の取り除く対処法
a0070_000092.jpg人..

気持ちを楽にするヒント
人生には節目節目で試練がつきものです。それらの試練において、自分の実力でその試練を乗り切れるか分からないとき、人間は、「失敗したらどうしよう・・」「もうダメだ…

記事を読む

a0070_000092.jpg以..

気持ちを楽にするヒント
以前「他人から嫌われるのが怖くて、人が集まる場に行けないのですが、どうしたらいいでしょうか?」という相談を受けたことがあります。スポンサーリンク style="di…

記事を読む

a1180_009387.jpg何..

気持ちを楽にするヒント
何かにつけて他人と接することに気を遣ってしまう人はおられませんか?飲み会、親睦会、忘年会・・他人と会話をする機会があるたび、極度に緊張したり、家に帰ったらクタ…

記事を読む

a0960_005241.jpg ..

気持ちを楽にするヒント
 初対面の人が集まる場に向かうことに過度の恐怖心を感じるという人がいます。それにはいろいろな理由があると思いますが、「嫌われてはいけない」「他人から良く思われ…

記事を読む

a0960_005277.jpg人..

気持ちを楽にするヒント
人間は会社や学校などでたくさんの人々と接しながら集団生活を送る中で成長していきます。そんななか、誰しもたくさんの人から好かれることを望み、自分を嫌う人がいると…

記事を読む

a0960_005277.jpg「..

気持ちを楽にするヒント
「人前で話すなんて無理だよ・・」「あの苦手な先輩と来週一緒に仕事だ。どうしよう・・」仕事をするなかで、「不安に押し潰されそうな時」というのが誰しも経験したこと…

記事を読む

試練を前にしたとき、極度の恐怖と不安を解消するための考え方

人生にはさまざまな試練があります。努力をしても思い通りにいかないこともあるでしょう。
スポンサーリンク

ただ、そこで感じる心の悩みは、視点を少し変えるだけで解消してしまうこともあるものです。
a0070_000092.jpg

人生には節目節目で試練がつきものです。

それらの試練において、自分の実力でその試練を乗り切れるか分からないとき、人間は、「失敗したらどうしよう・・」「もうダメだ・・」という不安や恐怖、絶望の感情が湧き上がってくるかもしれません。
スポンサーリンク

不安や恐怖を適切な度合いで感じることは人間にとって大切なことです。

なぜなら、それらを感じることで緊張感が生まれ、失敗リスクを回避するためのエネルギーが湧いてくるからです。

しかし、極度の不安や恐怖のために、心身に過度な負担がかかったり、その試練から回避する要因となってしまうならば、かえって悪い方向に物事が展開しやすくなってしまいます。

そこでは適度の緊張感を持ちつつも、前向きな気持ちも維持することが、試練克服するためのキーになってくるのです。

試練を前にしたとき、人間はどうしてもマイナスな要素にばかり目が向き、それを拡大解釈してしまいがちです。

それは生命維持のための人間の本能であり、ごく自然なことです。しかし、そういったマイナス要素を近視眼的に考える視点だけでは、不安と恐怖の淵にはまり込んでしまいかねません。
スポンサーリンク

では、試練を前にしたとき、どのように考えるのがベストなのでしょうか?


» 

関連コンテンツ&スポンサーリンク

他人から嫌われるのが怖くて交流の場に行けない人の心理

人生にはさまざまな試練があります。努力をしても思い通りにいかないこともあるでしょう。
スポンサーリンク

ただ、そこで感じる心の悩みは、視点を少し変えるだけで解消してしまうこともあるものです。
a0070_000092.jpg

以前「他人から嫌われるのが怖くて、人が集まる場に行けないのですが、どうしたらいいでしょうか?」という相談を受けたことがあります。
スポンサーリンク

他人から嫌われるのが怖い理由は、失敗に対する考え方が一面的だからだと私は考えます。

他人から嫌われるのが怖い人は、他人から嫌われて拒絶されると、なかなか立ち直ることができません。

なぜなら、人から低く評価されることは、人生そのものを否定されたように拡大解釈して感じとってしまうからです。

人が集まる場に出かけるということは、他者と親睦を深められるメリットがある一方、リスクをはらんでいるともいえます。

そのリスクは、他人に低く評価されるかもしれないというリスクです。人が集まれば、中には傍若無人な人もいれば、高圧的な態度の人間もいるわけです。

そうなると、中には自分のことを低く評価したり馬鹿にしたりしてくる人間がいる可能性も当然あるということになります。

そうなる可能性が1%でもある以上、他人から嫌われるのが怖い人にとっては深刻な事態だといえます。

なぜなら、もしその1%の可能性が現実となれば、自身は深刻に傷ついてしまい孤独とやるせなさに打ちひしがれ立ち直れなってしまうからです。

その事態が現実になるのが怖いから、人と集まる場に行けなくなってしまうというわけなのだと思います。
スポンサーリンク

では、一体どうすればよいのでしょうか?

» 

関連コンテンツ&スポンサーリンク

他人に気を遣いすぎる人は、ときには頑張りすぎないことも大切

人生にはさまざまな試練があります。努力をしても思い通りにいかないこともあるでしょう。
スポンサーリンク

ただ、そこで感じる心の悩みは、視点を少し変えるだけで解消してしまうこともあるものです。
a1180_009387.jpg

何かにつけて他人と接することに気を遣ってしまう人はおられませんか?飲み会、親睦会、忘年会・・

他人と会話をする機会があるたび、極度に緊張したり、家に帰ったらクタクタになったりしてしまう人はおられませんか?
スポンサーリンク

他人に気を遣いすぎる人の心理状態とは

他人に気を遣いすぎる人は、一見すると、他人に対して丁寧に接し謙虚な姿勢を保っているので、模範的な人だと評価されがちです。

また、サービス精神旺盛でもあるだけに、他人から親しまれたり仕事で成果を挙げたりして尊敬されることも多いかもしれません。

しかし、他人に気を遣いすぎる人の心のなかは、平安な状態にあるどころか、常に不安に包まれていることが多いのです。

誰かに嫌われたらどうしよう・・
何か他人に与えなければいけない

といったように、常に何かに追われ、心が休まることがないのが実情ではないでしょうか。

他人に気を遣いすぎる人が常に不安である理由

では、なぜ、そのように追われるような不安な心理状態になるかというと、自身のなかに、自分の実力に見合わない、崇高なる理想像があるからだと思います。

その理想像は、子供の頃に、高すぎる期待をかけられて育ったり小さいミスを叱責されて育ったりするなどしながら確立されていくことが多いと聞きます。

一旦、その理想像が確立されてしまうと、真面目な人ほど、何が何でもそれを守らなければならないというふうに考えるようになっていきます。

何かのアクシデントがありその理想像が崩れてしまうなど絶対にあってはならないことだと考えてしまうのです。

なぜなら、今まで積み重ねてきた自分の信頼すべてが崩れ落ちてしまうような危機感に苛まれるからです。

ですから、他人の接する機会においてはミスを誘発する可能性があるだけに、極度の不安を感じるというわけなのです。

他人の前でミスをしてはならない
理想の自分像を絶対守らないといけない

そのようにストイックに考えてしまうと、他人と接しても楽しくないどころか、常に緊張に強いられクタクタになってしまいます

一時的に楽しく会話をできたとしても、その直後にはまた大きな不安がのしかかってきます。

結果的に、何をするにしても極度の緊張に駆られてしまい、他人と接することにも、何か新しいことに挑戦するにも臆病になってしまうというわけです。

そうしているうちに、人生におけるせっかくの機会も次々と逃してしまいます。
スポンサーリンク

「頑張りすぎないこと」もときには大切である理由

緊張感を持って物事に取り組むことが人生において価値があることは言うまでもありません。

しかし、人間の幸せを長期スパンで考えたとき、時には、「頑張りすぎないこと」も大切だと私は思います。

といっても、他人に気を遣いすぎる人は、他人の前で「頑張りすぎない」という状態をつくることがなかなかできません。

なぜなら 他人に対して全力で接し何かを与え続けなければ、自分は到底受け入れてもらえない無価値な人間だと考えてしまっているからです。

つまり、自分自身に対して必要以上に過小評価をしているということがいえるのではないかと思います。

» 

関連コンテンツ&スポンサーリンク

初対面の人が集まる場に向かう恐怖心を克服するための考え方

人生にはさまざまな試練があります。努力をしても思い通りにいかないこともあるでしょう。
スポンサーリンク

ただ、そこで感じる心の悩みは、視点を少し変えるだけで解消してしまうこともあるものです。
a0960_005241.jpg

 初対面の人が集まる場に向かうことに過度の恐怖心を感じるという人がいます。

それにはいろいろな理由があると思いますが、「嫌われてはいけない」「他人から良く思われたい」と無理に考えてしまっていることがあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 確かに、知らない人が集まる場にはさまざまな性格の人がやってきます。

中には気の合わない人や波長の合わないもいることでしょう。さらに普段慣れていない場となると どんな出来事があるか予測しにくいわけですし、閉ざされた空間となると気まずくなっても逃げることができません。

「会話がうまくできなかったらどうしよう・・」「誰かを怒らせてしまったらどうしよう・・」などと恐怖心を感じてしまうのは当然のことだと思います。

 そのようなさまざまなリスクが想定される場で楽しむためには、普段から幅広い知識をつけておく必要があります。

同時に自分の得意分野を磨いておき、誰とでも会話を合わせられるよう努力をしておくのがよいと思います。ただ、それには膨大な時間がかかってしまうことでしょう。

そんななか、会話をうまくできないかもしれない・・とあまり怖がっていると、せっかくの機会を逃しかねません。

スポンサーリンク

 初対面の人が集まる場に行くとき、恐怖心を克服するコツは、減点思考で考えないことが重要だと思います。

マイナスなことを考えてしまったらすぐに、その考えを打ち消すことです。「いやそうじゃなくメリットはないのか?」と加点思考で考えることに意識を集中させるのです。

» 

関連コンテンツ&スポンサーリンク

自分を嫌う人がいたらどうしようと不安に思うときの考え方

人生にはさまざまな試練があります。努力をしても思い通りにいかないこともあるでしょう。
スポンサーリンク

ただ、そこで感じる心の悩みは、視点を少し変えるだけで解消してしまうこともあるものです。
a0960_005277.jpg

人間は会社や学校などでたくさんの人々と接しながら集団生活を送る中で成長していきます。

そんななか、誰しもたくさんの人から好かれることを望み、自分を嫌う人がいると、不快な気持ちになるものだと思います。
スポンサーリンク

 確かに万人に好かれるに越したことはありませんが、人間社会においてそれは現実的に不可能だと思います。

 たとえば、芸能界で活躍する俳優や女優などを思い浮かべるとよいと思います。支持する人たちがたくさんいても、アンチの人々も一定の割合で存在します。

アンチの人々は、その俳優や女優から直接なにかされたというわけではないと思います。

「何となく気に食わない」「自分の劣等感を刺激する」「顔立ちが好みでない」といった つまり本人が感じていることに過ぎないのです。

これは、人間に好きな食べ物と嫌いな食べ物があるのと同じです。納豆が嫌いな人がいるかと思えば、納豆が大好物で仕方がないという人もいることに似ています。

 会社や学校といった人が集まる場でも全く同じことがいえるのではないかと思います。

どんなに他人に気を遣って過ごしても、好感をもってくれる人がいる一方で、嫌ってくる人々も一定の割合で出てくる。そういうものなのです。

それを考えたとき、「嫌われないようにするにはどうしよう・・?」と考えるより、人間社会とはそういうものだとあらかじめ割り切って考える方がよいかもしれません。
スポンサーリンク

 「誰からも嫌われないように」と八方美人に過ごすことはあまりおススメできません。

なぜなら、せっかくの個性が台無しになり、嫌う人の数は仮に減ったとしても「面白みのないどこか信用できない人」と逆に支持者は離れていってしまうだろうからです。

 自分がその相手に対し迷惑行為をかけたならば謝る必要があるかもしれません。しかしそうでないならば堂々としていればよいと思います。

 誰かに嫌われたらどうしよう?と過度に心配することはナンセンスです。それよむしろ、応援してくれる人々のことを第一に考え、感謝することの方が何100倍も大切で意味があることだと思います。

 「嫌う人もいるかもしれないけれど 自分を好きでいてくれる人もたくさんいる。なんてありがたいことか」と常に感謝の気持ちを持つことで、気持ちが楽になってくると思います。

要は、自分を応援してくれる人のことを、嫌う人のことより先に考えることが大切なのです。

関連コンテンツ&スポンサーリンク

不安に押し潰されそうな時、やる気が出てくる考え方

人生にはさまざまな試練があります。努力をしても思い通りにいかないこともあるでしょう。
スポンサーリンク

ただ、そこで感じる心の悩みは、視点を少し変えるだけで解消してしまうこともあるものです。
a0960_005277.jpg
「人前で話すなんて無理だよ・・」
「あの苦手な先輩と来週一緒に仕事だ。どうしよう・・」

仕事をするなかで、「不安に押し潰されそうな時」というのが誰しも経験したことがあるかもしれません。

不安に押し潰されそうな時」そんなときは、変化を怖れ、ある種の防衛本能が働いてる状態です。

自身が持っている能力で自身を守れる確固たる自信がないため、その場から逃げたい気持ちでいっぱいになっている状態です。

スポンサーリンク

不安で自信が持てないとき自信を出すための考え方

しかし、仕事である以上、逃げることができないケースもあるかもしれません・・

そうなると、不安に押し潰されそうな時、「そんな最悪の事態を自分が乗り切れるわけない」とついつい悲観的に考えてしまいます。

そんなとき、おススメの考え方があります。それは、「今までの人生で最もキツかった出来事」を思い浮かべ、そのときと、今不安に思っている出来事とを比較して考えてみることです。

そこでは、数値化してできるだけ具体的に考えるのもコツです。

例えば「今までの人生で最もキツかった出来事」を100点の試練としたとき、今不安に思っている試練は何点くらいでしょうか?

それを考えたとき、今不安に思っている試練が、不思議と楽勝でむしろ有難いことにすら思えてこないでしょうか?

スポンサーリンク

» 

 タグ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク
★当ブログを音声でも聴きたいとの声をいただきYouTubeはじめてみました。もしよろしければチャンネル登録おねがいします


人生にはさまざまな試練があろうと思います。時には努力をしてもうまく道が開けないことや、八方ふさがりになって絶望的な思いをすることもあるかもしれません。ただ、そういった試練から感じる恐怖感や心の悩みというものは、少し視点を変えるだけで何もなかったように解消することもあるものです。
スポンサーリンク

関連コンテンツ&スポンサーリンク
関連コンテンツ&スポンサーリンク
人気記事
    カテゴリ
    はじめに
    失敗つづきだったり緊張を強いられる場面に遭遇したら、人は不安を感じやすくなります。ただ、心の不安は、少し視点を変えてみるだけで解消できることもあるものです。 「不安を解消する方法」、「高圧的な人の対処法」、「自分に自信を持つ方法」など「心」をテーマにした記事を書いています。皆様が明るく幸せな日々を送るための参考資料のひとつになれば幸いです 
    スポンサーリンク


    QRコード
    最近の記事
    過去ログ
    ラベルリスト
    リンク集
    ファン
    サイト内検索
    スポンサーリンク

    Copyright © 心の不安を取り除く方法を考えるブログ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。